ワン太郎

周囲から鼻で笑われた私が一から勉強し国立大学医学部を目指すブログ

数学の勉強は朝したほうが効率がよかった!その驚くべき理由とは

 

 

f:id:metaking:20170714190208j:plain

 

 皆さまは数学をいつ勉強していますか?

 

学校が終わってからですか?

仕事が終わってからですか?

 

 多くの方が終わってから勉強していると答えるでしょう。

 

しかし数学はできるだけ朝したほうが効率がいいんです。

実際に私自身、朝と夜1時間でどれくらい数学の問題を解けるのか試してみました。

 

結果どちらが多く問題が解けたのかというと朝のほうが頭が冴えており問題は多く解けました。

 

なぜそうなったのかその理由を徹底的に調べてみました。

 

人間の脳は起きてから三時間後に覚醒する

 

f:id:metaking:20170705002831j:plain

 

寝ているときに人の脳は記憶を整理しています。特に夢を見ているときは記憶が整理整頓されます。

 

ということは起きたときは脳はまっさらな状態になります。

 

起床後三時間後は一日で一番脳がフル覚醒しています。

 

この時に論理的思考能力を必要とする数学をすることがBESTなのも脳が覚醒していたからですね。

 

逆に夜数学を勉強すると頭が働かないことがあります。

それは学校や仕事で脳が疲れているからです。

脳が疲れているのに論理的思考能力を必要とする数学を夜に勉強しても脳が疲れているので効率が下がるのは当たり前のように思います。

 

逆に単純な暗記物は夜勉強する

これはなぜかといいますと先ほども言った通り記憶は眠っているときに整理整頓されます。眠る時間に近いほど暗記物の勉強は効率がいいといえるでしょう。

 

 

 しかしネットの議論では夜したほうが効率がいいという意見も数多くあります。

 

  •  朝方、夜型の人によって個人差がある
  •  朝の勉強は早いほど昼や夕方でほかの情報の干渉を受けやすい
  •   睡眠を取っているなら問題はない

 

などまだまだたくさんあります。

 

確かに人によって個人差があるように実際どちらが正しいというのはないと思います。

なので自分のライフスタイルにあった勉強法をするのがかえって効率がいいかもしれません。

 

勉強は朝と夜、どっちが効率的?〜どちらも一長一短が結論