ワン太郎

周囲から鼻で笑われた私が一から勉強し国立大学医学部を目指すブログ

自己紹介 先天性口唇口蓋裂で生まれたからこそわかる人の心の痛み

 

皆様はじめまして

 

鼻で笑われた私が一から勉強し国立医学部を目指すブログ

metaking.hatenablog.jp

 

ワン太郎と申します。

 

って「ブログ投稿する暇があれば勉強しろ」と聞こえてきそうですが勘弁して下せぇええええ(´;ω;`)

 

周囲に見下されて鼻で笑われた社会人がブログ開始日から国立大学受験勉強を開始 合格するまでブログを更新します - ワン太郎

 

 

 

f:id:metaking:20170619213742j:plain

 

 

 

 

 

 

皆様は口唇口蓋裂という先天性の病気をご存知でしょうか?

 

この病気は先天性異常の病気で、だいたい500~700の出産に1人くらいの頻度で生まれてきます。

 

口唇裂とは、(口唇がくっつかなかった状態)

 

口蓋裂とは、(口蓋突起が最後までくっつかなかった状態)

 

今だに詳しい原因は分かっていないのが現状です。

 

詳しい内容は口唇口蓋裂 - Wikipedia

 

 

口唇口蓋裂で生まれたからこそわかる人の痛み

 

 500~700の出産に1人くらいの確率で生まれてきますが意外とこの病気についてはあまり知られていません。

 

自分が親になって赤ちゃんが口唇口蓋裂という病気で生まれて初めて知ったという親も多いでしょう。

 

かくいう私の親も私が生まれてから初めて口唇口蓋裂という病気について詳しく知ったそうです。

 

 

ただ私は生まれてから病名を知ったのが高校1年の時でした。

 

母は私が口唇口蓋裂という病気ということを教えてくれなくて、自分が何で手術をして、矯正をして、リハビリをしているのか全く分からずに高校に行くまで過ごしていました。

 

知るきっかけとなったのが高1の時に手術をすることになったのですが、先生に自分は何の病気なのか直接聞いたところ初めて先生から「〇〇さんあなたは口唇口蓋裂です」と教えてくれました。

 

なぜ母は教えてくれなかったのか、先生もなんで今まで教えてくれなかったのか?

今ならなんとなくわかります。それは内緒です……m(__)m

 

ただこの病気で生まれたからこそ人の痛みや悩み、そして夢を与えてもらったので今だからこそ口唇口蓋裂で生まれてきて良かったと思います。心から思っています。

 

 

その理由は幼少期から高校卒業まで本当に貧乏であのホームレス中学生に負けないぐらい貧乏だったと思います。

 

ホームレス中学生

ホームレス中学生

 

 

それはなぜか

 

実は私は5歳で家出をしました。

 

家出といっても一日で鬼?母に連れ戻されました。(笑)

 

幼少期父はギャンブルで家にお金を入れないで家で暴れまくり……そのせいで家のガラスは壊れ、治す費用もないのでガムテープダンボールで窓にくっつけて補強し、玄関は父が暴れた影響で壊れて……

当然治す費用がないので玄関が開かないので窓が玄関変わりに……

 

母は父の影響で精神的に病んでしまいすぐ怒る

 

口よりすぐ手が出る

 

ナイフハンガーナイロンやフライパン熱湯やらとにかく周りにあるものはなんでも投げる。  当たる。  痛い。とにかく痛い。今思えばナイフが当たらなくてよかった(´;ω;`)

 

そして私も口唇口蓋裂の影響で当時言語障害もあって意思の疎通がしにくいので怒られると泣くしかありませんでした。

 

もう嫌だ。

 

こんな家出てってやると5歳で家出を決意(笑)

 

 

f:id:metaking:20170619231211j:plain

 

 そして昼間に勢いで家を出たはいいがどこにいけばいいかわからない( ´艸`)

 

とりあえず母の姉のところに逃げました。

 

そしてその日は泊まっていきなさいと母姉に言われ泊まりましたが、時すでに遅く母姉は母に連絡をしていました。

 

そして早朝母が鬼?のような形相で迎えに来てその日は…………ビクビク(´;ω;`)

 

話は戻りますが、よく周りから言われるのがよく「ぐれなかったね」と言われます。

 

ぐれなかった理由

 

 

確かに父は借金を残して行方不明になり借金取りが来て、母は借金や子供を育てなきゃいけないので追い詰められて精神を病み当時は本当に地獄でした。

 

口唇口蓋裂という病気で生まれていたからこそ医師や多くの方々のサポートやぬくもりがあったのですが、もしこの病気で生まれなければ果たして今私はまっとうに生きていたか!

 

もしかしたら道を踏み外していたのではないか!と今でも思います。

 

この病気で生まれて、当時言語障害や見た目などでもいじめられてきましたが、今はこの病気と向き合って夢に向かって生きていけるので人生悪いことばかりではないのかもしれませんね(*´∨`*) 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。